たるみ毛穴とシワを撃退!若々しさを保つマッサージ法について調べまとめました!

たるみ毛穴とシワを撃退!
若々しさを保つマッサージ法

マッサージでたるみ毛穴とシワを改善!

毛穴を気にしている方は肌への刺激は皮脂分泌を過剰にするので控えるべき、という記事をよく目にするのではないでしょうか。肌にはあまり触れない方がいい、といっているところもあって、マッサージもあまり気がすすまなかったり、控えているかもしれません。しかし、肌がたるんで毛穴が引っ張られ、毛穴の表面積が広がる「たるみ毛穴」にはマッサージが効果的なんです。

そもそも、肌がたるんだりシワができる原因は何かというと加齢だけではないんです。もちろん加齢も大きな原因のひとつですが、もうひとつ表情筋の凝りによってリンパや血流の流れが滞っていることが考えられます。表情筋は加齢でも衰えますが、日常的にあまり使わないでいればやはり肩などと同じで筋肉は凝り固まって衰えていきます。そうなればリンパや血液の流れが悪くなって老廃物が溜まり、むくみや脂肪によってたるみやシワが引き起こされるのです。

たるみ毛穴とシワに効果的なマッサージ

たるみ毛穴やシワの撃退には、先ほど説明したリンパや血流の流れを改善するマッサージが効果的です。そこで、まずはリンパや血流の流れを滞らせている固まった表情筋を柔らかくするところから始めましょう。難しそうに思われるかもしれませんが、どちらもやってみれば案外簡単です。

表情筋のマッサージをする場合、肌への摩擦と負担を減らすために事前に美容液やクリームを指が滑るくらいまで顔に塗ってください。そうしたら親指以外の4本の指で鼻の脇からこめかみのあたりまでゆっくりと伸ばします。次に頬骨のあたりに同じように指を置いたら、同様にこめかみの方へ向かって引き上げてください。

表情筋のマッサージが終わったらリンパや血流を意識したマッサージを行いますが、肌を強く押しすぎないようにするため、中指と薬指の2本を使います。

指の腹を使って、顎→耳の下、口角→耳、頬骨→こめかみ、と小さく円を描くように5秒を目安に動かしていきます。あまり強く押したり、長くやり過ぎないようにしましょう。そして次に、耳の下→鎖骨まで、左右3回ずつマッサージします。最後に鎖骨の下→脇の下へマッサージを行えば完了です。

押しすぎ・擦りすぎは逆効果

ただし、これらのマッサージを行う際には気をつけなければならないことがあります。誤った方法を毎日続けていても効果が出ないどころか、かえってたるみやシワを増やす結果になってしまうこともあるので注意が必要です。上で紹介したように、マッサージのやり方には顔の体操をして筋肉を動かす方法と指を使って筋肉を動かす方法があります。

特に気をつけたいのは指を使う場合で、マッサージをするときに押しすぎたり、肌の表面を擦ったりするのは厳禁です。強く押したり擦ったりすれば肌の角質を傷つけ、かえってたるみやシワをひどくすることもあります。肌を擦るのではなく、肌の表面に軽く触れて皮膚ごと動かすイメージで行うと刺激を最小限にすることができます。

毛穴に角栓を取り除くことができる酵素洗顔料BEST3

総合評価第1位
コーラルクリア
パウダーウォッシュ
コーラルクリア パウダーウォッシュ

上質できめ細やか、もこもことして気持ちが良い豊富な泡立ちが特徴的です。泡でお肌を洗えるので、余計な負担は一切かかることなく洗い上がりもしっとりと潤っています。

総合評価第2位
ESS
パパウォッシュ
ESS パパウォッシュ

ニキビ肌にも優しい使い心地で、毛穴の汚れもすっきりと落としてくれるので鏡を見るのが楽しみになりました。洗い上がりの肌は、どちらかというとさっぱりしています。

総合評価第3位

プロアクティブ
ESS パパウォッシュ

独特の香りがあるので、好みがわかれるかもしれませんが、洗い上がりのお肌はかなりさっぱりとしており、毛穴の汚れはしっかり取れるのが嬉しいですね。

ページのトップへ