毛穴の角栓を放置するとどうなるのか調べまとめました!

毛穴の角栓を放置するとどうなる?

毛穴の角栓を放置すると・・・毛穴が開く

切っても切れない毛穴と角栓の関係性。角栓を放置するといったいどうなるのかをまとめてみました。まだ広がっていない毛穴に角栓を長い間放置したままにしておくと、毛穴が詰まっている角栓の大きさに合わせてどんどん広がっていきます。角栓は日々の汚れや皮脂が落としきれていない場合、どんどん溜まっていく一方ですから、放置すればするだけ毛穴が大きく広がっていきます。

ピンセットや角栓除去パックなどで一旦毛穴から角栓をとったとしても、広がってしまった毛穴はふさがらず、さらに角栓が溜まっていくという悪循環に陥るのです。大きく広がってしまった毛穴には、自然と角栓ができやすくなりますし、ニキビなどの炎症も起きやすくなります。

毛穴の角栓を放置すると・・・毛穴が黒ずむ

毛穴が黒ずむのは、角栓が黒ずんでしまうことが原因です。そもそも角栓とは、毛穴から排出されなかった角質や皮脂などの老廃物やごみのかたまりが毛穴に詰まってしまった状態を指しています。実は、この毛穴にできた角栓は空気に触れて酸化することで黒ずみを起こします。

さらに、ホコリやごみ、大気汚染による角栓の汚れに加えて酸化していくことで、より黒ずんで目立つようになっていきます。他には毛穴から生えている産毛の黒さが原因で、毛穴が黒ずんで見えてしまいます。最近では、お顔の脱毛が流行していますが、毛穴から産毛を生えなくすることでお肌の黒ずみをなくし、透明感を与えてくれるというシステムのようです。無理やり自分で産毛をなんとかしようと頑張る方も多いのですが、余計に毛穴を広げてしまう原因になるので必ずクリニックやサロンにてケアをしていきましょう。

毛穴の角栓を放置すると・・・ニキビができる

先ほどの章で触れた、「酸化した角栓」をエサにしてニキビのもととなるアクネ菌が異常に増殖します。考えただけでも恐ろしいのですが、放置された角栓は菌の温床となるわけです。角栓が詰まっている毛穴には、酸化して黒ニキビができたり、赤い痛みのあるニキビができることが多く、非常に炎症を起こしやすい状態となってしまうので、角栓の放置はお肌にとって非常に危険なことと言えますね。

またニキビができてしまった時、自分で無理やり中の角栓を絞り出してしまう方もいらっしゃるのですが、これをすることで角栓が入っていた毛穴がそのままの状態で残ってしまい、雑菌などが侵入しやすい状態を作ってしまいます。その結果、さらに炎症を起こしてしまったり、ニキビの再発、膿が出てしまったりと取り返しのつかない状態に陥ってしまいます。毛穴やニキビのケアは正しい方法で行うこと、なるべくならスキンクリニックやサロンのプロの方の手に任せることが、治療への近道になります。

まだ間に合う?放置してしまった毛穴の角栓にもおすすめ酵素洗顔料BEST3

総合評価第1位
コーラルクリア
パウダーウォッシュ
コーラルクリア パウダーウォッシュ

上質できめ細やか、もこもことして気持ちが良い豊富な泡立ちが特徴的です。泡でお肌を洗えるので、余計な負担は一切かかることなく洗い上がりもしっとりと潤っています。

総合評価第2位
ESS
パパウォッシュ
ESS パパウォッシュ

ニキビ肌にも優しい使い心地で、毛穴の汚れもすっきりと落としてくれるので鏡を見るのが楽しみになりました。洗い上がりの肌は、どちらかというとさっぱりしています。

総合評価第3位

プロアクティブ
ESS パパウォッシュ

独特の香りがあるので、好みがわかれるかもしれませんが、洗い上がりのお肌はかなりさっぱりとしており、毛穴の汚れはしっかり取れるのが嬉しいですね。

ページのトップへ