角栓を除去する正しいスキンケア方法について調べまとめました!

角栓を除去する正しいスキンケア方法

スキンケアを始める前に

普段のスキンケアに一手間かけて、より美しいお肌を目指しませんか?皆さんの毎日のスキンケアは、帰宅後メイクを落とし、洗顔をし、化粧水・美容液や乳液、クリームの順でお肌のケアをするというのがだいたいの流れではないでしょうか。ここに付け足したい手順をいくつかご紹介していきたいと思います。とくに毛穴に角栓が溜まりきってしまっているようなお肌の状態の時に取り入れると有効です。

スキンケアを始める前の準備とスキンケア後の注意点
まずはお肌を触る前に、手を清潔にしておきましょう。
毛穴を十分に開くために、スチームや蒸しタオルを当てていきます。この時、手が汚れていると開いた毛穴に雑菌が侵入しやすくなりますので、十分に注意しましょう。
十分に毛穴を開いたら、通常の洗顔を行っていきます。
普段よりも化粧水などの浸透がよくなっていると思いますので、ハンドプレスをしてつけていきましょう。
保湿クリームまでしっかりと塗ったら、いちばん最後にもハンドプレスをじっくりと行って、手の温度でより肌への浸透を深めていきます。

蒸しタオルの作り方

用意するもの 手順
タオル:1枚
精油:1滴
タオルを水で濡らして水滴が落ちない程度に絞り、レンジで1~2分温めます。精油を用意できる場合には、温めた後に1滴だけ垂らしましょう。精油はなくても構いませんが、あれば毛穴の引き締め作用がアップします。

いかがでしょうか?普段のケアにちょっとしたことをプラスするだけなので、気軽に始めていただけると思います。スチーマーや蒸しタオルが面倒な場合は、入浴でしっかりと体を温めて毛穴を開かせるのでも大丈夫です。また、角栓を押し出すプッシャーなども販売してはいますが、どうしても中に角栓が詰まってしまって痛みが我慢できないような時、緊急時以外の使用は、毛穴を広げしまう原因となるのでオススメできません。

正しいクレンジング方法

メイクはとりあえず鏡でお肌をみた時に、何も残っていない状態にすれば良いや…、またはとりあえずメイク落としでお顔全体をくるくるっとやっておけば落ちるだろう…、なんて考えている方はいらっしゃいませんか?毎日のメイク落としも、かなり丁寧に、細かい部分まで行っていないと角栓になったり、肌荒れの原因になってしまいます。せっかく可愛いのにお肌が汚いなんて残念な女性を増やさないためにも、正しいクレンジングの方法をご紹介していきたいと思います。

おすすめのクレンジング料は?

まず、クレンジング料の見直しをしていきましょう。メイクが落ちやすいからとオイルクレンジングを好んで使っている方が多いようですが、毛穴が気になる時にはあまりオススメできません。オイルタイプは、洗浄力が強いので毛穴の乾燥を招く原因となってしまい、より毛穴が目立つという事態に陥ってしまうのです。できれば、週に何度かの使用に抑えていくのがベストな使い方だと言えます。

いちばんオススメのクレンジング料は、ミルクタイプのお肌に負担のかからない優しいタイプのものです。オイルに比べると遥かにメイク落ちのスピードは遅くなってしまいますが、その分丁寧にじっくりとクレンジグしてあげることで、毛穴に詰まった汚れも取れますし、肌への負担がかからないので美肌を目指せますよ。

クレンジングの際に注意すること

また、クレンジングをする時に意識していただきたいポイントは、どのタイプのクレンジング料を使う場合でも同じです。

クレンジングをする時に意識したいポイント
クレンジング料の量は、適量でしょうか?少なすぎるとメイクの落ちも悪くなりますので、正しい量を使うようにしましょう。
マスカラやリップなどのポイントメイクは特に落ちにくいので、ポイントメイク落としを事前に使って落としておくようにしましょう。
ファンデーションがいちばん多くつけられている頬から、広げていくようなイメージでクレンジングをしていきましょう。
ぬるつきが残らないくらいに、丁寧にしっかりと洗い流しましょう。この時潤いを逃さないために、自分の体温と同じくらいの温度のお湯で流していくことが大切です。

正しくメイクを落とすためのポイントを4つと、クレンジング料の見直しについてご紹介しましたが、どれも簡単なことなので今日から実行してみてくださいね。

正しい洗顔方法

毛穴の角栓ケア、対策にいちばん有効なのが洗顔です。基本中の基本であり、美肌の土台を作るのが洗顔にあたるので、今まで適当な洗顔料で適当に洗い流していたという方はこの機会にぜひ見直してみてくださいね。

おすすめの洗顔料は?

まずは洗顔料の見直しをしてみましょう。今お使いの洗顔料は角栓に有効なものでしょうか?洗浄力がやたらと強すぎるものであったり、香料などの不要な成分が入っているものだったり、お肌に負担をかけてしまうようなものではありませんか?洗顔料のパッケージ裏の成分表をチェックしてみて、防腐剤や海面活性剤が配合されているものは、できる限り使わないようにしましょう。

オススメは、天然素材を使った酵素を配合している洗顔料です。天然素材なので肌への負担がないどころか、良い効果を与えてくれるので非常にオススメできるのです。中でもパウダータイプのもので、泡が濃密で弾力のある洗顔料がベストですね。洗顔の基本は、負担のかからない成分で作られた洗顔料を使って、泡で洗うことです。手でこすって洗うのではなく、泡で包み込むようにして汚れを落としていきます。こちらのサイトでは、特におすすめのパウダー酵素洗顔料をご紹介しています。

総合評価第1位
コーラルクリア
パウダーウォッシュ
コーラルクリア パウダーウォッシュ

上質できめ細やか、もこもことして気持ちが良い豊富な泡立ちが特徴的です。泡でお肌を洗えるので、余計な負担は一切かかることなく洗い上がりもしっとりと潤っています。

総合評価第2位
カネボウ
suisai
カネボウ suisai

個梱包タイプのパウダー洗顔料。泡立ちも程よく、弾力があって潰れにくいので、洗っている間も維持できます。洗い上がりはすっきりとして肌触りも良いです。

総合評価第3位
ESS
パパウォッシュ
ESS パパウォッシュ

ニキビ肌にも優しい使い心地で、毛穴の汚れもすっきりと落としてくれるので鏡を見るのが楽しみになりました。洗い上がりの肌は、どちらかというとさっぱりしています。

こちらの洗顔料について、価格やキャンペーン情報、コスパ、商品の特徴や注目の成分、香りや泡立ちといった使い心地、ネット口コミや評判など、詳しくお知りになりたい方は「毛穴に詰まった角栓をスッキリ落とすおすすめ洗顔料ランキング」をご覧ください。

洗顔料の際に注意すること

次に洗顔の正しい手順について簡単にご紹介していきましょう。

洗顔の正しい手順
自分の体温程度のぬるま湯で、お肌を軽く流しておきます。
①と同じ温度のぬるま湯を使って、洗顔料をよく泡立てます。泡立ちにくい場合は、泡立てネットを使用すると良いでしょう。
お顔全体を泡で包み込むようにして、優しく洗い上げていきます。
①と同じ温度のぬるま湯を使って、泡を洗い流していきます。耳の裏や付け根、髪の生え際などに洗顔料が残らないように丁寧に流していきましょう。
タオルで拭き取る場合はこすらず、優しく押さえるイメージで行っていきます。

乾燥しないお肌を作るポイントは洗顔料もそうなのですが、お湯の温度が関係しています。高すぎる温度のお湯を使うと、お肌の潤いがなくなり乾燥してしまい、小じわや毛穴開きの原因になってしまいます。お顔や体を洗う時は、必ずお湯の温度を約37度程度のぬるま湯に設定してから行ってくださいね。

ページのトップへ